SERVICE - MEO対策

Google Mapに店舗を登録・表示する方法

Google Mapで店名や業種を検索した際に店名が表示されれば、お客さんの来店に便利ですし、たまたま地図を見て気になった人が来てくれるかもしれません。
このように、Google Map上で店舗の情報を登録・表示するのは意外とカンタンにできます。その方法を解説していきましょう。

どうすればGoogle Mapに店舗が表示される?

店名で検索したとき、Google Map上に名前と情報が表示されるお店は「Googleマイビジネス」というサービスにデータが登録されています。

この登録はGoogleユーザーであれば誰でも可能で、マイビジネスのページで本人確認をおこなうと、「ビジネスオーナー」と認められて、情報の編集をおこなう権限が与えられます。

Googleマイビジネスに店舗情報を登録する方法

Googleアカウントがあれば、マイビジネスの登録はカンタンです。

Googleマイビジネスの登録手順

Googleマイビジネスは以下の3つのステップを踏むことで登録できます。

  1. Googleアカウントにログイン
  2. 店舗・企業情報の登録
  3. 登録情報の確認

詳しくは「Googleマイビジネスの登録方法を解説」を参考にしてください。

Google Mapに表示される情報を編集する方法

Googleマイビジネスに登録したら、Google Mapに表示される情報を設定変更できるようになります。住所や電話番号などの基本情報はもちろん、営業時間やキャンペーンのお知らせ、お店の写真も投稿可能です。

Googleマイビジネスの編集方法は「Googleマイビジネスの編集方法を解説」で詳しく解説しています。

情報を充実させれば、お客さんに興味を持ってもらいやすいですし、定期的に更新すると、Googleで「地域名+業種」を検索したときに上位表示されるなど、宣伝効果も高まります。

まとめ

Googleマイビジネスに店舗情報を登録すればGoogle Mapに店名が表示されるようになり、たとえばレストランの場合「レストラン」「ランチ」「ディナー」「メニュー名」などで検索したユーザーの目に入ります。

最近は店舗を検索するユーザーのうち、44%もの人がGoogle Mapを使っているというデータもあります。Google Map上で興味を持ってもらえるよう、情報を充実させてみてはいかがでしょうか。