SERVICE - コンテンツマーケティング

ECコンサルティングとは|概要や手順

ECコンサルティングとは、インターネット通販やネットショッピングの機能を備えるECサイトの改善をおこなうことです。
このようなサイトにとって、売り上げや集客力のアップはつねに課題となるでしょう。それを解決するために、ECコンサルティングでどのように施策していくのか、解説していきます。

ECコンサルティングとは?

ECサイトを運営していて、思ったより売り上げが伸びない、アクセスが少ない、コンバージョン率(成約率)が低い、といった課題があるとします。

このような課題を限られた予算内で達成しなくてはならない、このような要望に対して最適な改善案を提示する存在が、ECコンサルティング(コンサルタント)です。

コンサルタントは改善するサイトのサービスや商品を理解し、どのような手法でどのような属性のターゲットにアピールするかを考え、アドバイスをおこないます。

ECコンサルティングでサイト改善をおこなう手順

Plan(計画)→Do(実行)→Check(確認)→Action(改善)を繰り返して業務を改善していく「PDCAサイクル」という言葉が一般的になっていますが、これはECサイトの改善にも活用できます。

ECコンサルティングをおこなった際、どのようにサイト改善をおこなうのか、スタンダードな手順をご紹介しましょう。

1. Plan(計画)

販売したい商品に対して年齢層・地域・性別などのターゲット属性を決め、競合店舗・モールなどの価格分析や、市場全体の動向を常に把握できる仕組みを作ります。

この仕組みを作ることで、月間・年間の販売スケジュールを立てることでき、進捗管理が容易となります。すでに同じ商品での販売実績が場合には、そのデータをもとにして販売における業務計画を作成します。

また広告予算がある場合には、広告配信スケジュールと1日毎の予算を決定し、戦略的なプロモーション・ブランディングを実施していきます。

2. Do(実行)

Plan(計画)で作成した業務計画にもとづき、計画から逸脱しないよう、毎日の業務内において効率をあげ取り組んでいきます。

3. Check(確認)

Plan(計画)で作成した業務計画に基づきDo(実行)をおこなった結果がどうであったか、確認作業をおこないます。

4. Action(改善)

Plan(計画)とDo(実行)との差異があったかどうかの検証結果をもとに、改善計画(Plan)を作成し、P→D→C→Aとサイクルをさせていきます。

まとめ

最近では無料もしくは少額でECサイトを構築できるようになり、企業だけでなく個人も気軽にネットショップ運営をおこなえるようになりました。

そのためECサイトが増加しており、利益を得られているのは一部といえるでしょう。その一部となるためには、適切なサイト運営が必須条件です。

自社で改善施策をおこなって結果が出れば一番ですが、あまり効果が感じられないようであれば、第三者であるコンサルタントに依頼するのも手段のひとつかもしれません。