SERVICE - コンテンツマーケティング

リスティング広告とは?|特徴とメリット

インターネット広告にはさまざまな種類があり、そのひとつがリスティング広告です。キーワード連動型広告、検索連動型広告とも呼ばれます。
ネット上での広告掲載を考えるとき、まず検討することになるかもしれないリスティング広告。どのようなものなのか、その特徴やメリットなどをご紹介していきます。

リスティング広告とは

リスティング広告とはGoogleやYahooなど検索サイトで、ユーザーが特定のキーワードで検索した際に表示される広告です。以下の赤枠部分に表示されているものをいい、「広告」と表記されています。

Googleの場合

Yahooの場合

かつては検索結果の右側にも広告が表示されていましたが、現在は仕様が変更されて検索結果ページの上部もしくは下部にのみ表示されています。

リスティング広告のメリット

では、リスティング広告を利用するメリットにはどのようなものがあるのか、ご紹介していきます。

クリック課金なのでムダがない

リスティング広告は、クリックされた回数で課金されていく方式です。サイトを見られていないのに継続的に固定費が掛かる広告と違って、見られた場合に料金が発生するため、ムダがありません。

また、この1クリックあたりの課金額は入札方式になっており、自分で設定できます。この金額が広告の表示順序に影響を与えます。

顕在層へのアプローチに最適

前述のように、リスティング広告は特定のキーワードで検索された場合に表示されます。つまり、いま「知りたいこと」「欲しいもの」が明確になっている、顕在層のユーザーに見てもらえるのです。

その欲求をちょうど解消してくれるサービス・製品であれば、興味を持ってもらうことができ、購入してもらえる確率は高まります。

Googleのキーワードプランナーというツールを使えば、検索数の多いキーワードを調べられるので、これを参考にキーワードを設定することをおすすめします。

すぐ配信開始・中断も可能

リスティング広告は、一度掲載してすぐに取り下げということもできます。1週間や1ヶ月契約の広告と比較して、柔軟性が高いといえるでしょう。

そのため、一旦掲載して解析ツールでユーザーの反応を確認し、たとえば「クリック率が悪いので文言を変更して再掲載」、というブラッシュアップもできます。

リスティング広告における注意点

では、リスティング広告を利用するメリットにはどのようなものがあるのか、ご紹介していきます。

キーワードによっては高額になることも

入札方式なので、「検索数が非常に多い」「成果率が高い」など競合の多い人気のキーワード(ビッグキーワード)であるほど、その価格が釣り上がっています。

この場合、広告の上位に表示するには競り合うことになります。それを避けるには、検索数が中程度(ミドルワード)のものを選ぶのがおすすめです。

定期的なモニタリング・ブラッシュアップが重要

広告を出向したら適宜、解析ツールで「クリック率」や「サイトの滞在時間」などの反応率を確認し、悪いようならブラッシュアップすることが重要です。

広告をいつでも修正できるのは手軽に思えますが、その分より反応を高めるために、解析の見方を知っておき、修正をおこなう要員を置くなども必要になります。

まとめ

検索結果のページでより多くのユーザーに見てもらうには、サイトの内部対策をおこなうSEO・MEO対策か、リスティング広告の出稿のいずれかをおこなうのが一般的です。

それぞれにメリット・デメリットはあるので、お手持ちのサイトやサービス・商品を宣伝するには、どの手法が一番ベストか、よく比較検討してみてはいかがでしょうか。