SERVICE - コンテンツマーケティング

SNSマーケティングとは?概要と効果について

大手企業のTwitterアカウントや、Facebookページを見たことありませんか?実際、店舗や企業がSNSアカウントを作成して運営する事例は増えてきています。
では、SNSマーケティングとは具体的にどのようなことか、またその効果はどうなのか、それぞれ見ていきましょう。

SNSマーケティングとは?

TwitterやFacebook、LINEなどSNSサービスを用いておこなう、マーケティング活動のことです。個人のSNS利用者が増えていくなかで、店舗や企業の進出も増えています。

店舗・企業を名乗って投稿することで、既存顧客に最新情報を知らせたり、ユーザーに認知してもらったり、コミュニケーションを取り合ってロイヤルティを向上させるなどの目的で利用されます。

どのSNSも、マーケティング目的でのアカウント作成が可能で、登録は無料でおこなえます。そのなかで、有料オプションとして広告(プロモーション)を掲載することも可能です。

SNSマーケティングに期待できる効果

つづいて、SNSマーケティングをおこなうことで、どのような効果を得られる可能性があるのか、ご紹介していきます。

店舗・企業の認知を高められる

地道に店舗や企業の情報を更新し、それに関するコメントや返信があった場合、積極的に返信やアクション(リツイートやいいねなど)していくことで、少しずつですが認知を高めることができます。

また、このような活動をしていれば、「返信をくれるかもしれないから、この商品についてコメントしてみよう」などと思って、投稿して広めてくれるユーザーもいるかもしれません。

イメージの向上につながる

たとえばTwitterだと、タニタやSHARPなどの企業アカウントが有名です。大手企業=マジメなイメージを抱きがちですが、これらの担当者は気さくで、よくユニークな投稿をおこなっています。

そのため「マジメでとっつきにくいイメージだったのに、こんなに親しみやすい会社なんだ!」と好印象を抱かせ、購買意欲を高める可能性もあるのです。

顧客との距離が縮まる

前述のタニタやSHARPなどのアカウントは、声をかけてきた一般ユーザーや、商品に関する質問なども頻繁に返信しており、ユーザーと積極的に会話をおこなっています。

このように一般ユーザーと良好な関係を築くことで、商品の購入を検討する際、「返信してくれたあの会社の製品を買おう」と思ってもらえるかもしれません。

顧客のナマの声が聞ける

SNSは気軽に投稿できるので、ふだん顧客から聞きにくい「こういうところがよかった」「こういうものが欲しい」など、求めていることが分かるコメントを得られることがあります。

これにより、顧客の求めている新しい商品のアイデアとして活かしたり、サービスを改善する際に活かしたりできるので、さらにイメージ向上にもつながることでしょう。

運がよければ「バズる」ことがある

SNSでは、いつどのような投稿がバズる(多くのユーザーに拡散される)か分かりません。なんの気なしに投稿したものが、注目を浴びることもあるのです。

そうすれば一気に、多くのユーザーに店舗・企業を知ってもらうことができます。バズるかどうかは運の要素も多分にありますが、これがSNSマーケティングで一番魅力的な部分といえるかもしれません。

SNSマーケティングに必要なこと

SNSマーケティングは、ただアカウント登録して投稿すればよいだけではありません。最初はファン0人からのスタートですから、地道にコツコツ運営していく必要があります。

ファンを増やす努力をする

まずTwitterであれば「フォロワー」、Facebookであればビジネスページへの「いいね」を増やして、定期的に見てくれるユーザーを増やしていきましょう。

たとえばフォローしてくれたユーザーにフォロー返しする、話題に上げてくれたユーザーに返信やフォローするなど、積極的に交流していくことが重要です。

定期的に更新をつづける

せっかくアカウントを作成してファンがついても、更新頻度があまりにも低いようであれば、あまり見てもらえなくなる可能性があります。

ある程度更新するようにし、また読んでもらいやすいように文章にユーモアを混ぜるとか、目を引く写真をつけるとか、クーポンをつけるといった工夫をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

このように、SNSマーケティングはアカウント登録自体が無料なので、どの店舗・企業さまでも気軽にはじめることができます。

最初は地道に運営していかなくてはならず、また炎上リスクにも注意が必要です。しかしうまくいけば、元手ゼロで集客に成功する可能性も秘めているツールといえるでしょう。