SERVICE - コンテンツマーケティング

デジタルマーケティングとは?その効果とWebマーケティングとの違い

デジタルマーケティングという言葉を聞いたことはあるものの、具体的にどんな施策を指すのか分からない人は多いようです。
デジタルマーケティングでは、企業が自社サービスを広めるために、Webサイトをはじめ様々なデータを使って顧客情報などを分析・活用します。
ここでは、デジタルマーケティングについて、Webマーケティングとの違いを説明し、手法や事例を紹介します。

デジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングとは、Webサイトやスマートフォン・アプリ・SNSなど、様々なデジタルチャネル(媒体・経路)を使って集めたデータを活用するマーケティングです。

「マーケティング」とは、商品が効率よくたくさん売れるようにおこなう、企業の市場活動や販売戦略のことです。

その中でも、集めた消費者のデジタルデータを活用して売れる仕組みを作るのが、デジタルマーケティングです。

デジタルマーケティングの特徴・効果

デジタルマーケティングには、次のような特徴があります。

このように集めたデータから、ユーザーがどこに興味を持っているかといった反応を、リアルタイムで計測できます。

デジタルマーケティングでは、顧客の求めるものをすぐに把握できるため、マーケティングのPDCAサイクルを早いスピードで回し、最適な売れる仕組みを早く作っていけます。

デジタルマーケティングが効果的な理由

今は、スマートフォンから膨大な量の情報を得られます。消費者は、その中から自分の欲しい情報を選ぶ必要がありますよね。

そこで、デジタルデータを活用すると、ターゲットが興味のある情報を、最適なタイミングで届けることができます。

こうして、不特定多数へやみくもに情報や広告を送るよりも、効率的に顧客をゲットできるというわけです。

デジタルマーケティングとWebマーケティングの違いは?

Webマーケティングは、デジタルマーケティングの種類の1つです。Webマーケティングよりも、デジタルマーケティングのほうが「幅広いマーケティング」です。

「マーケティング>デジタルマーケティング>Webマーケティング」このような位置関係になります。

つまり、マーケティングという大きな枠の中にデジタルマーケティングが含まれていて、デジタルマーケティングの中にWebマーケティングが含まれるということです。

そのため、次のようにデジタルマーケティングでは、Webマーケティングより多くのチャネルやデータを活用します。

Webマーケティング

Webマーケティングとは、「Webサイト」を使ったマーケティングのことで、次のようなWebサイトへの施策を指します。

デジタルマーケティング

デジタルマーケティングは、Webサイトも含めデジタルデータを把握できるものすべてを活用し、顧客分析などを行うマーケティングです。全ては書ききれませんが、例えば次のようなデジタルチャネルを使うものです。

デジタルマーケティングの主な手法

デジタルマーケティングで、特に重要かつポピュラーな方法を紹介します。

Webサイト集客・コンバージョン獲得

スマートフォンから、いつどこでも様々なWebサイトから情報が得られるようになった時代に、Webサイト運用による集客・売上アップは必須です。

まず必要なのは、サイトに来てもらうための集客です。集客施策には、SEO(検索サイトの上位表示)や、インターネット広告(PPC・リスティングなど)があります。

サイトを検索結果に上位表示するとアクセス・認知度が上がり、ターゲットを絞って広告を出し、人を集めます。

さらに、サイトを訪れた人に、商品・サービスを購入してもらうための施策も必要です。いくらアクセスを集められても、コンバージョンまでの導線がしっかりしていないと、売上になりません。

アクセス解析の結果を踏まえ、サイトをどう改良すれば申し込みが増えるのか、改善し続けることが重要です。

Eメールマーケティング

新商品やキャンペーンのメールマガジンなどを送り、購入の誘導やプロモーションを行う方法です。登録ユーザーへ直接アプローチできるのがメリットです。

効果を上げるためには、アクセスしたページごとに送る内容を変えるなど、データ分析と改善のための試行錯誤が重要になります。

最近は、「LINE」など頻繁に使う利用者の多いツールでの配信も増えており、今後も新しいツールが登場するでしょう。

SNSマーケティング

TwitterやFacebookなど、頻繁にチェックするユーザーの多いSNSを活用する方法です。自社アカウントでの情報発信や広告出稿ができ、「いいね」などでユーザーからの反応がすぐ現れるのがメリットです。

自社アカウントの投稿は無料でできるため、注目されユーザーに拡散されると、低コストで大きな効果が得られます。

デジタルマーケティングの事例

デジタルマーケティングの実際の導入事例を、国内・海外ともに紹介します。

Webサイトにチャットボットを導入(北陸銀行)

2018年、ユーザーからの質問に自動応答するチャットボットを、北陸銀行がWebサイトに導入しました。

ある程度決まった質問であれば、チャットボットですぐに返信できます。これにより、24時間365日いつでも質問を受け付けられるようになっています。

最適なおすすめ情報を3億人へ配信(LIVE NATION)

米国最大手のチケットプロバイダーであるLIVE NATIONは、保有する3億人以上の会員の好みを、Marketing Cloudを活用してデータ分析しています。

その結果、3億人の嗜好ごとにメールやアプリなどの最適な方法で好みそうなコンサート情報を配信し、コンサート数を増やすことなく、顧客満足度を高め収益アップを実現しました。

今後のデジタルマーケティングはどうなる?

デジタルマーケティングの世界は日々進化し続けており、取得できるデータは増えています。次のような手法は、これからの将来増えると予想され、注目が高まっています。

まとめ

デジタルマーケティングの特徴について解説しました。デジタルマーケティングの具体的な手法についての勉強は、Webサイトや書籍、セミナーなど、学べる場所がたくさんあります。

ITやデジタルは、早いスピードでどんどん進化し続けている分野です。常に最新の手法を知り、自社でも活用してみることで、集客効果を高めていけます。