クラウドソーシングおすすめ10選!基礎知識とメリット・デメリットも解説

クラウドソーシング マーケティング

仕事のスキルをもっと高めたい、副業を始めたい、または主婦や子育てをしながらスキマ時間で収入を得たい…などと思う方は結構多いのではないでしょうか。

そんなとき、スキマ時間で働けるクラウドソーシングサービスを利用するという方法があります。

この記事では、クラウドソーシングとはどういうものなのか、おすすめのサービスや稼ぐコツについてなど、役立つ情報をご紹介します。

クラウドソーシングの基礎知識

疑問

まず、クラウドソーシングとはなんなのか、その基礎知識についてご紹介します。

クラウドソーシングとは

群衆を意味する「crowd(クラウド)」と、業務委託「sourcing(ソーシング)」を組み合わせた言葉で、不特定多数の人に業務委託をする雇用形態のことです。

案件のやり取りはクラウドソーシングサービスを介しておこなわれ、インターネット上で完結するのが一般的です。

クラウドソーシングサービスでは、案件一覧から希望のタスクに応募するほか、業務経験やスキルによっては直接スカウトをされて受注に至る場合もあります。

クラウドソーシングは2種類に分けられる

クラウドソーシングのサービスは、主に次の2種類に分けられます。それぞれご紹介します。

総合型

幅広い業種・職種の業務を募集しているサービスのことです。業務の制限がないため案件も充実しており、気軽にできる難易度の低いタスクも豊富にあります。

仕事が豊富にあるため、これからクラウドソーシングを始めたい、得意なことを見つけたい、というときはまず総合型のサービスに登録してみるとよいでしょう。

特化型

ライティングやプログラミングなど、特定の業務に特化したサービスのことです。求めている仕事と合致するサービスを選べば、希望する仕事が見つかりやすい点がメリットです。

希望する仕事が定まっている方は特化型のサービスに登録して、仕事を探してみるとよいでしょう。総合型とあわせての利用もおすすめです。

【総合型】クラウドソーシングおすすめ6選

では、総合型のクラウドソーシングサービスを6種類ご紹介します。

Lancers(ランサーズ)

Lancers

日本最大級のクラウドソーシングサービスです。大手から中堅・中小・ベンチャーまで数多くの発注者の、多彩な案件が充実しています。

カテゴリコンサルティング
事務・コンサル・専門職・その他
システム開発・運用
ライティング・ネーミング
デザイン制作
写真・動画・ナレーション
Web制作・Webデザイン
翻訳・通訳
タスク・作業
依頼形式コンペタスク
固定報酬(プロジェクト)
時間報酬(リモート・常駐)
月額報酬(常駐)
手数料10万円以下:20%
10万円超~20万円:10%
20万円超:5%
Lancersの特徴
  • 大手から中堅・中小・ベンチャーまで、全国35万社以上が利用
  • 案件が幅広いため、さまざまなスキルを活かせる
  • 案件はすべてランサーズ側が確認しているため安心して利用しやすい

CrowdWorks(クラウドワークス)

CrowdWorks

仕事の種類は200種類以上、全国70万社が利用する国内シェアナンバーワンのクラウドソーシングサービスです。

カテゴリシステム開発
アプリ・スマートフォン開発
ハードウェア設計・開発
ホームページ制作・Webデザイン
デザイン
ライティング・記事作成
ネーミング・アイデア
翻訳・通訳サービス
ECサイト・ネットショップ構築
サイト運営・ビジネス
事務・ビジネスサポート・調査
カンタン作業
写真・画像・動画
3D-CG制作
音楽・音響・BGM
プロジェクト・保守運用メンバー募集
暮らし・社会
依頼形式プロジェクト(固定報酬制)
プロジェクト(時間単価制)
コンペ
タスク
手数料20万円超: 5%
10万円超20万円以下:10%
10万円以下:20%
タスク形式の場合:20%
CrowdWorksの特徴
  • 大企業、政府をはじめ全国70万社以上が利用
  • 案件が幅広いため、さまざまなスキルを活かせる
  • サイト上でNDA(秘密保持契約)も締結でき安心

coconala(ココナラ)

ココナラ

自分の得意なスキルを「出品」して購入してもらうタイプのクラウドソーシングサービスです。ココロナラブログで有料記事の販売をすることもできます。

カテゴリPRO認定
デザイン
イラスト・似顔絵・漫画
Webサイト制作・Webデザイン
音楽・ナレーション
動画・写真・画像
ライティング・ネーミング
IT・プログラミング
ビジネスサポート・代行
ビジネス相談・アドバイス
集客・Webマーケティング
翻訳・語学
悩み相談・カウンセリング
キャリア・就職・資格・学習
恋愛・結婚
美容・ファッション・健康
ライフスタイル
趣味・エンターテイメント
占い
士業(行政書士・税理士etc.)
マネー・副業・アフィリエイト
その他
弁護士検索・法律Q&A(法律相談)
出張撮影(ミーツ)
ハウスクリーニング(ミーツ)
依頼形式出品
手数料25%
coconalaの特徴
  • 得意なスキルを販売できる
  • 購入、販売時のお金のやりとりはココナラが仲介するので安心
  • 有料記事の販売もできる

shufti(シュフティ)

シュフティ

主婦を中心に、多くの在宅ワーカーが登録しているクラウドソーシングサービスです。1日10分程度の仕事もあるのでスキマ時間を有効活用できます。

カテゴリデータ入力・商品登録
ライティング
営業・カスタマーサポート・リサーチ
デザイン・写真・動画
Web制作・Webデザイン・開発
翻訳
シュフティ外出
依頼形式プロジェクト
タスク
手数料10%
shuftiの特徴
  • 簡単な記事作成やアンケートなど特別なスキル不要の仕事も充実
  • スマホだけで完結できる仕事もあり
  • 仮払い制度があり報酬未払いの心配がない

CROWD

CROWD

ランサーズやクラウドワークスのように、ライティングや写真撮影などの案件のほか、家事代行、覆面調査など変わった仕事も受けられるサービスです。

カテゴリ記事作成
データ入力
レビュー
写真撮影
依頼形式タスク
手数料ポイント交換手数料:0~10%
CROWDの特徴
  • スマホだけで完結できる仕事もあり
  • 報酬ポイントはAmazonギフト券やQUOカードなど幅広い交換先がある
  • 家事代行、覆面調査など個性的な案件もある

Bizseek

Bizseek

スキルを活かせる仕事のほか、軽作業やデータ入力など知識のいらない作業も充実しています。手数料が業界最安なので、同様の案件でも他サイトより稼げる可能性があります。

カテゴリシステムアプリ開発
Webデザイン
グラフィックデザイン
ライティング
依頼形式プロジェクト
コンペ
手数料10万円超:5%
10万円以下:10%
Bizseekの特徴
  • 簡単な記事作成やアンケートなど特別なスキル不要の仕事も充実
  • 手数料が業界最安
  • 報酬は現金で受け取れる

【特化型】クラウドソーシングおすすめ4選

つづいて、特化型のサービスを4つご紹介します。

【ライティング】サグーライティング

サグーライティング

ライティングに特化した、国内最大級のクラウドソーシングサービスです。カンタンな短文の作成から長文コラムなどさまざまな案件があります。

サグーワークス独自のテスト「プラチナライターテスト」に合格すると、より高単価な案件を受けられるようになります。

サグーライティングの特徴
  • ライティングなので資格や特別な知識がなくてもはじめられる
  • 案件で貯めたポイントは現金かドットマネーに交換できる
  • プラチナライターテストに合格で高単価案件が受けられる

【ライティング】Shinobiライティング

Shinobiライティング

こちらもライティングに特化したクラウドソーシングサービスです。

独自の記事投稿エディタで記事を作成するため、必須キーワードなどの漏れがなく、誤字脱字判定などもできて便利です。

Shinobiライティングの特徴
  • ライティングなので資格や特別な知識がなくてもはじめられる
  • 記事発注シェアが業界ナンバーワンのため案件が豊富
  • 記事投稿エディタで漏れや誤字脱字を防げる

【写真・動画素材】PIXTA(ピクスタ)

PIXTA

撮影した写真、動画を売買できるクラウドソーシングサイトです。サイト制作など写真素材が使われる場面は多く、需要は高くなっています。

普段何気なく風景や動物などの写真であっても、購入したいという人がいるものです。購入されるとインセンティブが支払われます。

PIXTAの特徴
  • 自分の撮影した写真がお金になる
  • 獲得したクレジットは現金に交換できる
  • 動画素材や音楽素材も売買できる

【翻訳】Gengo(ゲンゴ)

Gengo

世界で展開している、翻訳専門のクラウドソーシングサイトです。和訳、外国語訳いずれの案件もあります。

翻訳が必要なため、通常のライティングの仕事よりも単価が高めです。報酬はPAYPAL口座を介してドルで受け取れます。なお、登録にはテストに合格する必要があります。

Gengoの特徴
  • 通常のライティングより単価が高い
  • ドルで報酬が受け取れる
  • プロレベルのテストに合格すれば、難易度と報酬レートが高い案件に挑戦できる

クラウドソーシングのメリット

メリット

クラウドソーシングを利用するメリットにはどのようなものがあるのか、ご紹介します。

スキルを伸ばすことができる

クラウドソーシングで募集している案件のなかには、専門性が求められる難易度の高いものや、高い質が要求されるものもあります。

このような難易度の高い案件にもチャレンジすれば、実践的なスキルを伸ばすことができるでしょう。

また、案件によっては発注者が細かなマニュアルを用意してくれている場合もあり、その通りに進めていけば新たな知識や気づきを得られる可能性もあります。

興味のある仕事を選ぶことができる

クラウドソーシングのサイト上では、毎日数多くの案件が公開されます。そのなかから、自分の興味のある、スキルに合った仕事だけを選ぶことも可能です。

はじめて利用するのであれば、難易度が低く短時間でできる案件も多いので、このようなものを選んで実績を積み重ねていくとよいでしょう。

好きな時間や場所で仕事ができる

パソコンやタブレット、なかにはスマホだけでカンタンにできる案件もあるので、スキマ時間を有効活用して、自宅や外出先など、好きな場所で仕事ができます。

この手軽さのため、平日の昼間はほかの仕事をしながら、夜や休日に副業をする人や、家事・子育て・介護などの合間に働いているという方もいます。

クラウドソーシングのデメリット

デメリット

クラウドソーシングにはデメリットとなる部分もあるので、そちらもご紹介します。

単価の安い案件が多い

クラウドソーシングには、さまざまな企業が数多くの案件を募集していますが、1件数百円~という単価の低いものが非常に多いです。

単価を上げたいのであれば、同じ担当者と継続的に仕事のやり取りをおこなう、継続案件を狙ったほうがよいかもしれません。

コミュニケーション不足による齟齬

クラウドソーシングでは、担当者と直接顔を合わせることはなく、メッセージ機能で文章によるやり取りをおこなうのが一般的です。

そのため、ときには認識の相違など齟齬が生じてしまう可能性もあります。

あとになって「思った仕事の条件と違った」「納品したらイメージと違うと言われた」といったことが起きないよう、疑問があるときは積極的に確認するようにしてください。

クラウドソーシングで稼ぐ4つのコツ

クラウドソーシングで稼ぐにはどうすればよいのか、4つのコツをご紹介します。

プロフィールを充実させる

クラウドソーシングでは、プロフィールを充実させることが非常に重要です。

プロフィールに情報がないと、どのような人なのか、なにができるのか分からないため、仕事を依頼したいと思ってもらえません。

そのため、たとえばこれまでの業務経験、得意なスキル、使えるソフトやツールなどを分かりやすく記載し、信頼できる人物であることをアピールしましょう。

簡単な作業で評価と実績を積む

クラウドソーシングには、ユーザーの仕事に対する評価制度があります。1件も仕事をしたことがないと評価がないため、抽選形式の案件やスカウトでの依頼が来にくいです。

そこで、登録したらまずは簡単な作業を何件かこなし、評価をつけてもらえるようにしましょう。

なかには、数十文字の短い文章を書くだけ、好きな映画の感想を書くだけ、といった簡単なものも結構あるので、まずはそういう案件をやってみてはいかがでしょうか。

実績ができたら条件のよい案件に応募

前述のように、登録したばかりのときはまず作業を多くこなしていき、実績を積み上げていくことが重要です。

丁寧かつ発注者の求める品質で納品していれば、自然とよい評価が増えていきます。実績ができれば、より単価の高い案件も受けやすくなります。

単価交渉する

クラウドソーシングは1回だけの単発の案件だけでなく、特定の発注者と中長期的に仕事のやり取りをおこなう「継続案件」もあります。

継続案件の場合、発注者との信頼関係が構築できてきたと感じたら、単価交渉するのもよいでしょう。

発注者側も、質の高い仕事を安定してこなしてくれる相手であれば、単価を上げてでも長い付き合いをしたいと思ってくれるはずです。

まとめ

クラウドソーシングサービスは数多くあるため、どれに登録しよう…と迷うかもしれませんが、複数のサイトを掛け持ちしている人も少なくありません。

まずは利用者の多いサイトに登録して、慣れてきたら掛け持ちをするのもよいでしょう。稼ぐコツを実践して、収入アップ・スキルアップを目指してみてはいかがでしょうか。