タスク管理ツールおすすめ10選を徹底比較!選び方も解説

タスク管理ツール Webサービス

タスク管理ツールは、抜け漏れなく作業を進めていくため重要なツールです。タスク管理ツールを導入することで、締切や作業時間の管理、個人だけでなくチーム(プロジェクト)単位で管理することもできます。

この記事では、おすすめのタスク管理ツール10選と選び方、さらに導入メリット・デメリット についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

タスク管理ツールとは

タスク管理ツールとは、タスクとその締切、作業時間、担当者などを管理し、プロジェクトの進捗を可視化できるツールです。

タスクを受けた側が自身のタスクを再確認し、抜けや漏れを防ぐのに役立つほか、タスクを振った側を含めたプロジェクトメンバー全員が、全タスク一覧と進捗を確認できます。

昨今、テレワークの普及もあり、オンラインでいつでも誰でもタスクの状況を確認できる、タスク管理ツールの需要が高まってきています。

タスク管理ツールのメリット

では、タスク管理ツールを導入するとどのようなメリットがあるのか、具体的にご紹介いたします。

業務効率が上がる

タスク管理ツールを利用すれば、これまでかかっていた人力でのタスク管理の作業時間を大幅に減らせます。

さらに、タスク管理ツールでは進捗状況や期日を可視化できるほか、優先度も設定可能なため、優先すべきタスクが明確化され、迷いなく効率的に作業できるようになります。

また、タスクが済み次第、ツール上で完了とすればメンバーにも通知されるため、時間をかけて完了報告する必要もありません。

タスクの進捗状況を可視化できる

タスク管理ツールは、グラフやチャートなどの機能があり、プロジェクトやタスクの進捗状況をメンバーに分かりやすく可視化してくれます。

チャットツールなどでもカンタンなタスクのやり取りなら可能ですが、このように進捗状況の可視化ができるのはタスク管理ツールならではといえるでしょう。

進捗が可視化できれば、互いに状況確認をおこなう時間や手間も減り、また複数の業務を抱えて進捗が思わしくないメンバーがいれば、ヘルプにも回れます。

情報を共有できる

社員それぞれにエクセルでタスク管理をしてもらい、チャートを作成させた場合、人によってエクセルの使い方やスキルレベルも違うため、出来がバラバラになりかねません。

フォーマットの異なるデータだと、各メンバーも進捗を把握しにくくなってしまうでしょう。

その点、タスク管理ツールではチャートによるタスク管理もテンプレートが統一しているため、誰が見てもすぐに状況を把握でき、情報共有がスムーズになります。

タスク管理ツールの選び方

多くのタスク管理ツールのなかから、自社に最適なものを選ぶには、つぎのようなポイントに着目して選ぶことををおすすめします。

必要な機能が備わっているか

まず、タスク管理ツールでなにを実現したいのかをもとに自社に必要な機能を検討し、それらを搭載したものを選ぶとよいでしょう。

あまりに機能が充実しすぎたものは使いこなせない場合があり、また余分に料金が高くなりがちなため、必要最低限の機能を備えたものがおすすめです。

製品によりますが、つぎのような機能を搭載したものもあります。

  • ダッシュボード機能
  • ToDoリスト
  • 担当者や期限の設定
  • アラート機能搭載
  • オフライン利用可能
  • スマホ/タブレット対応

外部(既存)ツールと連携できるか

エクセルで作成したタスク管理データや、すでに利用しているビジネスチャット、カレンダーなどほかのツールと連携できるかも確認してみてください。

既存のツールと連携できれば、ひとつのツール上でデータを一括操作・管理できるため、それぞれのツールで作業する手間も削減でき便利です。

操作は簡単か

実際に使うメンバーが使いにくいと感じる場合、導入してもあまり使われなくなったり、使いこなせずに本来の能力を存分に発揮できない可能性があります。

そうならないためにも、トライアルなどを利用し、余分な機能が多すぎず操作しやすいと感じるものを導入されるとよいでしょう。

サポート体制が整っているか

基本的にタスク管理ツールはドラッグ&ドロップなどの操作でカンタンに入力できるものが多いですが、使っているうちに「より上位の機能はあるのか」「こんなことは実現できるだろうか」など、気になる点も出てくるかもしれません。

そのような場合に、すぐ問い合わせられるサポート窓口があると便利です。

また、開発スタッフなど構造にくわしい相手にカスタマイズの相談なども可能であれば、より便利で使いやすくできることでしょう。

タスク管理ツールおすすめ10選

数あるタスク管理ツールのなかから、機能が優れていて利用者も多い、おすすめを10種類ご紹介いたします。

Backlog

Backlog

プロジェクト管理に必要な機能がオールインワンで揃った、タスク管理・ファイル共有の可能な多機能プロジェクト管理ツールです。

ウェブ制作、ソフトウェア開発、大手広告代理店などさまざまな導入実績があることからも、業種を問わずに利用しやすいことが分かります。

プロジェクトの進捗も、「ガントチャート」「バーンダウンチャート」「Gitネットワーク」などさまざまな方法で可視化でき、リアルタイムに反映されるため、直感的に状況を把握しやすいです。

Backlog の特徴
  • 30日間無料トライアルあり
  • 担当者と期限を設定してタスクを振れる、メール通知も可能
  • 数ヶ月単位の長期プロジェクトの作業もマイルストーンで区切って管理可能
  • プロジェクトや課題に関するメモ、会議の議事録、作業マニュアルなどチームメンバーに向けた情報をWiki形式で共有できる
  • スマホ / タブレットにも対応

Trello

Trello

チームの生産性を向上できる機能が充実している、タスク管理ツールです。ユーザー数も多く、世界中で百万を超えるチームが導入しています。

ボードではタスクの割り当て、生産性メトリクス、カレンダーなどの機能を感覚的に操作でき、Google Drive、Evernote、Slack、など利用者も多いツールと連携も可能。

フリープランでもカード(カンバン)やメンバー、ストレージ容量が無制限など自由度が高く、無料でも使い勝手をしっかり確認できます。

Trello の特徴
  • フリープランあり
  • 締め切りのアラート機能あり
  • 自動化機能「Butler」によりプロジェクトボードの単純作業を自動化できる
  • Google Drive、Evernote、Slackなどのツールとの連携も可能
  • 作業をアプリ間で接続可能

Jooto

Jooto

シンプルで分かりやすく、直感的に使えるレイアウトが特徴、カンバン方式のタスク・プロジェクト管理ツールです。

基本機能はどのプランでも利用でき、一般的なタスク管理機能はもちろん、複数プロジェクトの横断管理機能、自分へのメンションがついた際の通知やデータ共有など機能豊富です。

フリープランを含め3種類のプランがあり、エンタープライズプランでは稼働率99.9%のサービス品質保証、導入コンサルや構築サポートなど上位のサポートが受けられます。

Jooto の特徴

フリープランあり
プロジェクトを横断して管理できる
大容量のファイルもやりとり可能なデータ共有機能あり
Google カレンダー、Slack、Chatworkと連携可能
アプリでスマホ / タブレットにも対応

Asana

Asana

世界195カ国で数百万人のユーザーが利用している、タスク管理ツールです。大企業の会社全体からスタートアップ・小規模なチームまで利用できるプランがあります。

カンタンな手順でカスタムルールを作成し、ルーチン作業を自動化できる機能もあり、プロジェクトテンプレートも用意されているため、業務効率アップにも大いに役立ちます。

連携できるアプリも200以上と非常に多いため、これまで利用していたツールと連携し、1つのプラットフォームでの業務管理が実現できます。

Asana の特徴
  • フリープランあり
  • ルーチン作業を自動化できる
  • 50以上のプロジェクトテンプレートから選んで計画・管理ができ、カスタマイズも可能
  • Office365、Googleスプレッドシート、zoomなど200以上のアプリと連携可能
  • より高度なセキュリティ、カスタマイズ可能な「Asana Enterprise」あり

Wrike

Wrike

世界中で2万社、国内でも1000社以上の導入実績があるツールです。チームでのタスク管理はもちろん、個人での利用もできます。

社内外、部門を越えた共同作業も、メールの往復など面倒な作業いらず、ツール上のコメント欄でリアルタイムにやり取りし、スムーズにおこなえます。

Google Drive、Dropbox、Microsoft Office 365など主要なクラウドストレージサービスとの連携も可能、プランによって最大400以上のツールとの連携が可能です。

Wrike の特徴
  • 無料トライアル、フリープランあり
  • 400 以上のツールとの連携可能
  • 社内外、異なる部門同士でもスムーズにコミュニケーション可能
  • スマホ/タブレットにも対応
  • 「Enterprise」プランでは強固なセキュリティ機能を搭載

Taskworld

Taskworld

業務の可視化、ツールとしての操作性を追究した、直感的に操作できる世界基準のタスク管理・プロジェクト管理ツールです。

独自の機能としては、各タスクの時間計測、詳細なアクティビティログを確認できるタイム計測 & ログ機能、プロジェクトの一連のワークフローを、テンプレートとして保存できる機能などがあります。

3つの料金プランがあり、最上位の「エンタープライズ」は、より高度なセキュリティ性に高いカスタマイズ性を備え、オンプレミス & VPCフル対応。

Taskworld の特徴
  • 無料トライアルあり
  • 複数言語で利用可能
  • 社外の関係者をワークスペースゲストとして権限付与できる
  • プロジェクトの一連のワークフローをプロジェクトテンプレートとして保存可能
  • 日本語フル対応の担当サポートエージェント、動画チュートリアル&ナレッジベースなどサポートも充実

Evernote

Evernote

メモアプリとして知られるツールですが、タスク、スケジュール管理などをすべてひとまとめにできます。全端末で自動的に同期するため、どこでもすぐに最新データを確認できます。

個々のノートに ToDo を作成、自分のスタイルに合わせてシンプルにタスク管理できるのが特長です。もちろん、他人にタスクを割り当て、随時進捗の確認も可能。

重要な紙文書をスキャンして出先でも確認できるようにしたり、Webページをそのままクリップしたりできるなど、実際のノートにスクラップする感覚で利用できます。

Evernote の特徴
  • フリープランあり
  • 全端末で自動的に同期するノートをチームメンバーに共有もできる
  • 紙文書やWebページをそのままノートに保存できる
  • 多様なテンプレートから最適なノートをカンタンに作成できる
  • Slack、Salesforce、Microsoft Teams などと連携可能

Todoist

Todoist

開発から14年と250日以上と、歴史の長いタスク管理ツールです。数百万ユーザーの1億5000万以上にのぼるプロジェクト、15億件ものタスク完了をサポートしてきた実績があります。

「一生使える タスク管理ツール」をモットーとしており、シンプルで分かりやすいインターフェースが特徴です。

100を超える連携機能があり、自社で活用している既存のシステムやアプリと連携して活用できるため、既存データを引き継ぎ、一括操作できるようになります。

Todoist の特徴
  • フリープランあり
  • 1週間、1ヶ月ごとの完了タスク、実績が分かり、生産性を可視化できる
  • 最優先タスクをハイライトでき、優先スべき作業がすぐ分かる
  • Googleカレンダー、Dropboxなど100以上のアプリとの連携機能あり
  • スマホ/タブレットにも対応、全データ完全同期

TeamHack

TeamHack

複数のツールをまたぐことなくワンストップ、チャットで情報集約し、チーム全体の業務効率を高められるタスク管理ツールです。

タスク管理だけでなく、仕様書の共有、作業時間の計測、情報共有といった業務に必要な機能が幅広く搭載されているため、業務に係るさまざまな管理作業を一元化できます。

タスクごとのチャット機能があるため、メールやチャットを遡る手間も削減でき、すぐに会話や作業を振り返れます。

TeamHack の特徴
  • フリープランあり
  • タスクごとのチャット機能あり
  • 担当者やキーワードごとにタスクをソート、検索可能
  • 作業完了後、ワンクリックでレビュー依頼もできる
  • 担当者、完了予定日、レビュー担当者、作業時間などを入力するだけでカンタンにタスク登録可能

monday.com

mondaycom

プロジェクト管理、営業&顧客管理、マーケティングをはじめとするさまざまな業務のワークフローを1つのプラットフォームでカンタンに構築、実行、拡張できるツールです。

くり返しの作業を自動化できるため作業効率アップ、カスタマイズも可能な数百ものビジュアルテンプレートもあり、独自のテンプレートも作成できるため、使い勝手よく変更できます。

Microsoft Teams、Google Drive、Slackなど非常に多くのアプリケーションとシームレスに連携、統合できるため、使い慣れたツールもそのまま活かせます。

monday.com の特徴
  • 14日間無料トライアルあり
  • くり返しの作業を自動化できる
  • 数百以上のテンプレートでカスタマイズ可能
  • Microsoft Teams、Google Drive、Slackなど数多くのアプリケーションと連携可能
  • 365日対応の手厚いサポート、デイリーウェビナーあり

まとめ

おすすめのタスク管理ツールをご紹介しました。

導入するツールに迷ったら、「タスク管理ツールの選び方」でご紹介したポイントを参考に、トライアルを利用したり、サイトの導入事例を確認したりしてはいかがでしょうか。