SERVICE - MEO対策

Googleストリートビューとは?機能や活用方法をわかりやすく解説

Googleストリートビューで、路上や風景の写真を見た経験はありますか?
Googleマップ機能の1つであるGoogleストリートビューは、地図上にある世界中のあらゆる場所で撮影したパノラマ写真が見られるサービスです。さらに、屋内版のインドアビューでは、店舗や施設内を見て回れます。
ここでは、Googleストリートビューについて、メリットや活用方法などを紹介します。

Googleストリートビューとは?

「Googleストリートビュー(Google Street View)」は、2007年からGoogle社が提供する地図検索サービスです。GoogleマップやGoogle Earthの機能の1つで、世界中の風景のパノラマ写真が見られます。

目線を360度自由に動かし、好きな方向へ進めるので、まるでその場所へ実際に行ったかのような体験が可能です。地図や写真ではわからない、周辺の様子まで確認できます。

世界中全ての国で導入されているわけではありませんが、アメリカ・ヨーロッパ・アジア・日本など、多くの主要都市で導入済みです。

ストリートビューには、インドアビュー(屋内版)もあります。これは、Googleストリートビューの技術をそのまま店舗や施設に導入したものです。

施設内の様々な場所を、そこにいるかのように見て回ることができます。店舗などの雰囲気をよりリアルに確かめられ、視覚的にイメージできるので、お店選びなどに役立ちます。

スマートフォンでGoogleマップから近くのお店を探す人は増えており、集客効果があるので、インドアビューを導入するお店も増えていくでしょう。

Googleストリートビューの表示方法

ストリートビューは、パソコン・スマートフォン・アプリから閲覧できます。それぞれの媒体でストリートビューを表示する方法を紹介します。

パソコンの場合

Googleマップから表示する

1. Googleマップを開き、場所や住所を検索します。

2. 右下のペグマン(オレンジ色の人型アイコン)をドラッグし、地図上の青い線、青い点、またはオレンジ色の点の上で、ペグマンをドロップ(離す)すると、ストリートビューが表示されます。

または、地図に表示されている場所マーカーをクリックし、左側でストリートビューアイコン(回転する矢印のようなアイコン)が表示されている写真を選択すると、ストリートビューが表示されます。

Google検索から表示する

1. Google検索を開き、場所や住所を検索します。

2. 場所により「外観を見る」のラベルがついた写真が表示されるので、選択すると、ストリートビューが表示されます。

スマートフォンの場合

1. Googleマップアプリを開きます。

2. 場所を検索する、または地図上でその場所を押し続け、地図上にピンをドロップします。または、場所マーカーをタップします。

3. 画面の下に表示される場所の名前か住所をタップします。

4. 下にスクロールして、「ストリートビュー」というラベルの写真を選択するか、ストリートビューのアイコン(回転する矢印のようなアイコン)がついたサムネイルを選択すると、ストリートビューが表示されます。

Googleストリートビューのメリット・活用方法

ストリートビューのメリットは、その場所・地域へ「実際に行ったかのように、雰囲気を確認できる」点です。

画面を360度動かして、好きな場所を自由に見渡せるので、その場のイメージがリアルに伝わります。写真や人づてに聞いた話よりも、はるかにわかりやすいです。

例えば、次のような使い方ができます。

また、インドアビューをオーナー(店舗・企業)側が導入すると、「集客効果」があります。これは、次のような理由があるためです。

このように、インドアビューがあるとWebで目立ち、多くの人にサービスを知ってもらえるチャンスが増えるので、利用につながる可能性が高いです。外国人観光客の集客にも有効です。

また、世界各国の検索エンジンシェア比率は、Googleが約90%と、ダントツでトップを維持しています。(StatCounter、2008年7月~2015年8月調査)

そのため、インドアビューの掲載などでGoogleマイビジネス(※1)の情報を充実させると、集客・売上アップに効果的です。自社のWebサイトやブログへの掲載は、簡単にできます。

ストリートビューは、外出先のスマートフォンで簡単にアクセスできるので、これから利用者はどんどん増えるでしょう。

※1:Googleマイビジネスについては「Googleマイビジネスとは?活用するメリット・デメリット」で解説しています。

Googleストリートビューの撮影方法

ストリートビューは、専用の全方位カメラを使って360度パノラマ画像を何枚も撮影し、加工してつなぎ合わせることで作成します。

撮影は、カメラを搭載したストリートビューカーで行います。車が通れない場所は、自転車や手押し車、リュックで背負い徒歩で撮影します。


画像出典:Google ストリートビュー - Wikipedia

プライバシーの問題は?

撮影した写真に写り込んだ歩行者の顔や車のナンバープレートにはボカシが入るので、プライバシーは配慮されています。

もし、プライバシーに関わるものが写っている・自宅を映されたくないなどの場合は、Googleに報告するとボカシを入れてもらえます。

まとめ

Googleストリートビューについて解説しました。場所を指定すると、そのエリアを見渡すように画面を移動していけるのは、とても便利なサービスです。

インドアビューでは事前に店内や施設内を確認できるので、ミスマッチが少なく、ユーザーとオーナー両方に利点があります。

お店を経営している場合は、インドアビューで集客アップが期待できます。ぜひ活用してみてください。