SERVICE - MEO対策

Googleマイビジネスでオーナー確認する方法

Googleマイビジネスは基本的な情報を入力するだけで登録が完了しますが、オーナー確認をおこなうと、より多くの項目の編集権限が与えられます。
最新情報や写真を投稿するなど、更新をおこなうためには必要になるので、確認作業はほぼ必須といえるでしょう。その方法について解説していきます。

オーナー確認をおこなう方法2つ

マイビジネスで基本情報の入力が完了すると、以下のような画面が表示されることがあります。

電話での確認方法

上記の画面で右に表示されている「通話」をクリックしてください。

固定電話の番号を登録した場合

数十秒~数分後に着信があり、自動音声で「確認コード」と呼ばれる5ケタの数字が読み上げられます。画面に表示される入力欄にそれを入力し、間違いがなければ認証が完了します。

スマホや携帯電話の番号を登録した場合

Google側からSMS(メッセージアプリ)で5ケタの数字が送信されます。入力欄にそれを入力し、間違いがなければ認証が完了します。

ハガキでの確認方法

1. 上記の画面で「他の方法をお試しください」の右にある「▼」をクリック→ハガキの郵送を選択してください。2~3週間以内に、登録した住所まで「確認コード」の書かれたハガキが郵送されます。

2. マイビジネスにログインし、メニューの「オーナー確認を行う」 または 「今すぐオーナー確認」をクリック→表示される手順に従って確認してください。

※業種によっては、ハガキでのオーナー確認しかできない場合があるようです。

オーナー確認ができない場合の対処法

上記の手順で確認作業をしようとしても、うまくいかない場合の対処方法をご紹介します。

電話がかかってこない

Google側からの電話は国際電話で、回線によっては受けられない場合があります。登録した番号に間違いがなく、しばらく経っても着信しないようなら、ハガキでの確認に変更したほうがよいでしょう。

ハガキが届かない

ハガキは2~3週間以内に郵送されますが、それ以上経っても届かないならGoogle側に連絡してください。再度ハガキを申請してしまうと、さらに2~3週間待つことになるので要注意です。

»Googleマイビジネスお問い合わせページ

確認コードが入力できない

マイビジネスにログインしても「オーナー確認を行う」や 「今すぐオーナー確認」のボタンが表示されない場合、ハガキが届くのが遅すぎて消えた、などの可能性があります。

»Googleマイビジネスお問い合わせページ

ほかのユーザーに確認がされていた

別人がオーナー登録していた場合、知り合いであれば連絡して権限の譲渡を依頼してください。連絡先が分からないときは、以下のような手順で譲渡を依頼してください。

1. https://business.google.com/createにアクセスします。

2. ビジネスの名前と住所を入力→「これは貴社のビジネスですか?」と表示されたら、該当するものを選んで「次へ」をクリックします。

3. 「アクセス権限をリクエスト」 をクリックし、表示されるフォームに情報を入力→「送信」 をクリックしてください。これで現在のオーナーに、連絡するよう依頼するメールが届きます。

まとめ

マイビジネスのオーナー確認は基本的に電話かハガキ、それも5ケタの数字を入力するだけなので、問題なく連絡が来ればむずかしいことはそれほどないはずです。

もしGoogle側から通知が来ないときは、何度も申請するのではなく、上記の対応をしてみたり、お問い合わせしたりしてみてください。