SERVICE - コンテンツマーケティング

PPC広告とは|リスティング広告との違い

インターネット上に掲載できる広告の一種である、PPC広告。言葉を聞いたことはあるものの、その意味やどこに掲載されるものか、などは分からない方は少なくないかもしれません。
そこで、この記事ではPPC広告とはなんなのか、また混同されやすいリスティング広告についてと、その違いをあわせて解説していきます。

PPC広告とは?

PPC広告とは「クリック課金型」「クリック報酬型」とも呼ばれるネット広告の一種です。PPCはPay Per Click(クリック課金)の頭文字をとったものです。

ネット広告にはさまざまな種類がありますが、これはその名のとおり、広告が1回クリックされるごとに料金が課金される形式をいいます。

GoogleやYahooで検索をおこなった際の結果ページで、上もしくは下に表示されている「広告」と表記されているものがこれにあたります。

リスティング広告との違いは?

PPC広告は検索サイトの上もしくは下の部分に表示されるものと説明しました。しかし、これは「リスティング広告」とも呼ばれるものです。

リスティング広告は、検索サイトで特定のキーワードを検索した際、その検索結果ページに表示される広告のみをいいます。その点、PPC広告はクリック課金型の広告全般をいいます。

つまり、両者は「料金方式」か「広告の表示される場所」か、着目しているポイントが違うだけです。大まかに言えば、リスティング広告はPPC広告の一種ともいえるでしょう。

PPC広告の特徴とは?

では、PPC広告はどのような特徴があるのか、具体的にご紹介します。

クリックされたときだけ課金される

大きな特徴としては、やはりクリックされたときだけ料金が発生するという点です。掲載期間に比例して決まった金額を支払うものとは違い、1回クリックされるごとに課金されます。

そのため、まったくユーザーからクリックされず、見られていないにも関わらず、広告掲載料をムダに払い続けてしまう、というリスクがありません。

1クリックあたりの金額は入札方式

検索結果ページに表示するタイプのPPC広告は、1クリックあたりの課金額を自分で設定することできる、入札方式です。そのため、広告予算に応じた運用がおこなえます。

ただし入札方式なので、より高い金額を入札した広告主のサイトが、広告表示順の上位表示されやすいです。検索数も競合も多いキーワードの場合、かなり値段が吊り上がっている可能性もあるでしょう。

一時中断や再開も可能

Google AdWordsのようなPPC広告は、管理ページから広告のクリック数や反応率などの推移を確認することができます。

また、その管理ページから広告の文言変更や一時中断・再開なども容易におこなえます。そのため、ユーザーの反応を見て、こまめにブラッシュアップできる点も強みといえるでしょう。

まとめ

このように、PPC広告はクリック課金型で入札方式なので、キーワードや需要と合致した広告文言であれば、ほかの広告より高い費用対効果に期待できます。

キーワード検索した際に表示するタイプの広告は、欲求を認識している顕在層へのアプローチに効果的です。宣伝したい商品・サービスが顕在層向けの場合、最適かもしれません。