ローカルSEOとは?集客につながる対策

MEO

行きたいお店を探すとき、「池袋 ランチ」など、「地域名+キーワード」で検索することは多いですよね。

このとき、サイトの検索結果の部分よりも上に、Googleマップの検索結果が表示されることがあります。これがローカル検索で、地域周辺にある店舗情報などが確認できます。ローカルSEOとは、この検索順位を改善する対策のことです。

ここでは、ローカルSEOの基礎知識から対策などについて紹介します。

ローカルSEOとは

ローカルSEOとは、特定の地域名を含めたキーワード

たとえば
  • 池袋 ランチ
  • 新宿 ランチ

上記のように「地域名+キーワード」で検索(ローカル検索)された際に、上位表示する施策(SEO)のことです。

SEOとは

SEO(Search Engine Optimization)とは、サイトを検索エンジンに上位表示させ、アクセスアップなどの効果を得るための対策です。Googleの基準を満たす良質なサイトは検索順位が高くなるため、ユーザーからの信頼も獲得できます。

最近では、Googleマップへの対策に特化した施策の総称として、MEO(Map Engine Optimization)とも呼ばれています。

MEOとは

MEO(Map Engine Optimization)とは、Googleマップに対する「マップエンジン最適化」を意味します。SEOと同様、特定のキーワードでの検索結果の上位に表示することです。

ローカル検索は、Googleマップを表示するケースが増えたため店舗の集客にMEOは注目されています。

ローカルSEOに必須のツール「Googleマイビジネス」

ローカルSEOを実施する場合、Googleマイビジネスへの登録は必須です。

Googleマイビジネスとは、Googleが提供する、ビジネスオーナー向けの情報管理ツールです。お店の情報をGoogleマイビジネスに登録していると、Googleマップや検索結果の右側に、お店の情報(営業時間・定休日・電話番号・地図・写真など)を掲載することができます。

登録は無料です。店舗の最新情報の更新なども無料でできるので、ビジネス・サービスを行う事業者は、かならず利用しておきたいツールです。

今、ローカルSEOが集客で重要な理由

現在のローカルSEOは、サービスの売上や知名度を上げるマーケティングで効果的です。その主な理由は次の通りです。

  • 画面上部に表示されクリックされやすい
  • スマートフォンの今すぐ顧客を獲得できる
  • 無料で利用できる
  • 対策をおこなっている企業が少ないためチャンスが大きい

Googleマップを活用したローカルSEOは、まだ取り組んでいない会社が多くチャンスは大きいです。対策するライバルが増えるほど施策は難しくなってくるので、早く始めるほど有利です。

ローカルSEO対策がおすすめのジャンル

ローカルSEOは多様な業種で集客効果があります。特に、次のようなジャンルで効果が高いです。

  • 飲食店:カフェ、レストラン、ファーストフード、居酒屋
  • 販売店:小売店、デパート、スーパー
  • 美容:美容室、エステサロン
  • 医療・健康:病院、整体、ジム
  • レジャー施設:映画館、遊園地、ホテル、カラオケ
  • 専門サービス:クリーニング、修理店、弁護士
  • その他:塾、出張などの非店舗型サービス

このように、自分がいる場所から近くのサービスを探す傾向のある業種におすすめです。

ローカルSEOのランキング要素

ローカルSEOのランキングは、次のような要素が大切であると考えられています。

順位決定で重要な3つの要素

Google公式では、「関連性」「距離」「知名度」を組み合わせた最適な検索結果が表示されるとしています。

関連性
ユーザーの検索とビジネスの一致度合いです。
距離
検索された地名から各ビジネス所在地までの距離で計算されます。地名を指定しない検索では、検索しているユーザーの現在地情報に基づきます。
知名度
ビジネスの有名さです。多くの人が知っている有名施設は上位表示されやすくなります。インターネット上への店舗情報の掲載や、Googleでの口コミ数とスコアも影響します。

その他ローカルSEOに影響あるとされる要素

SEO情報を提供するアメリカのMOZによると、ローカル検索で上位に表示するには次のような要素が重要だとされています。

  1. Googleマイビジネスの掲載情報
  2. 被リンク
  3. レビュー
  4. サイテーション
  5. クリック数などユーザーの行動
  6. パーソナライゼーション
  7. SNS

出典:2018 Local Search Ranking Factors

要因ごとの影響度は変動するので、すべて充実させておくのがおすすめです。

ローカルSEOの対策方法

ローカルSEOの主な対策のやり方を紹介します。対策は、すべてユーザー視点に立って行います。迷ったときは、どのようにしたらユーザーが見やすく便利かを考えて決めてみてください。

Googleマイビジネスへの対策

Googleマイビジネスのオーナー確認は必須です。オーナー確認をすることで、ビジネス情報の表示や編集が可能になります。

Googleマイビジネスには様々な項目がありますが、次の対策は特に重要です。

すべての項目に適切な情報を設定する

ビジネス情報を充実させると、サービスについてGoogleやユーザーに伝える有効な情報となります。すると、ユーザーの検索キーワードとの関連性を上げられ、表示されやすくなるのです。

それに、正確な店舗情報が多いほうがわかりやすく、来店につながりやすいのは当然ですよね。営業時間/電話番号/サイト/メニュー情報/紹介文など、基本的な項目はすべて設定しましょう。

最新情報に更新する

営業時間やサービス内容の変更があったら必ず更新しましょう。

Googleマイビジネスだけでなく、公式サイトやポータルサイトも更新し、同じ情報に揃えて関連性を高めるのが大切です。

写真をアップする

サービスについてきれいでわかりやすい写真があるお店とないお店では見栄えがまったく違い、比べたときにどちらが魅力的か一目瞭然です。店内/外観/商品/スタッフなど、サービス内容やお店の良さが伝わる写真をたくさんアップしましょう。

写真の表示順はコントロールできませんが、オーナーの投稿写真は優先的に表示される傾向です。ユーザーから見栄えの悪い写真をアップされた場合でも、オーナーがきれいな写真を多く上げていればカバーできます。

投稿をおこなう

ブログやSNSのように、お店の情報を投稿できる機能です。写真とともにアップ可能のためお店についてアピールでき、ユーザーの検索に引っかかるキーワードも含められます。

サイトへの誘導や予約・電話ボタンもつけられるため、様々なお知らせに使えます。定期的にアップしないと目立つ位置に表示されなくなってしまうため、週に1回以上投稿するのがおすすめです。

投稿内容の例
  • サービス内容の紹介
  • 利用方法などのお役立ち情報
  • 新サービスやイベント開始のお知らせ
  • 特典、キャンペーンなどのお得情報
  • 休業日や営業時間変更のお知らせ

口コミを獲得し、返信する

評価の高い口コミが多いほど、上位表示の確率が上がります。口コミを集めるには、口コミをお願いするチラシやポスターを店内に置く、会計時に自然にお願いするなどがおすすめです。

ただ、割引やプレゼントをするかわりに口コミを書いてもらうのはGoogleが禁止しているので注意しましょう。良い口コミを自然に集めるには、良質なサービスを提供し続けることが一番です。

口コミにはすぐに返信しましょう。特に、悪い口コミを書かれたときは必ずフォローや謝罪を返信するのが重要です。返信1つで良いイメージに変わる可能性もあり、利用を考えているユーザーにも、きちんと対応する店舗と認識してもらえます。

Webサイトへの対策

ローカルSEOでは、通常のSEOなどWebマーケティングをしっかり行うことも大切です。

サイトのコンテンツを充実させる

公式サイトに良質な記事コンテンツを増やし、SEOでアクセスを上げるとローカルSEOにもプラスとなります。

ポイントは、お店の関連キーワードを自然に入れ、ユーザーに有益なコンテンツを作ることです。記事作成などは手間もかかるかもしれませんが、コツコツ積み上げることでサイトの評価が高まります。

スマホ対応のサイトにする

モバイルフレンドリーでないページは、順位が下がる可能性があります。また、スマホ利用者はローカルSEOの重要ターゲットなので、スマホで見にくいサイトは敬遠されてしまいます。

スマホでも使いやすいサイトを作り、ユーザーとGoogle両方からの評価を上げましょう。

サイテーションを獲得する

サイトの名前やURL、会社の住所などが、リンクなしのテキストでWebに記載されるのがサイテーションです。高評価の内容がたくさんアップされると、検索エンジンが人々に有益なサイト/お店と判断し、評価がアップします。

地域/業種別ポータルサイトなど多くのメディアに掲載する、SNSやブログで紹介してもらうなどして、多くのサイテーションを集めましょう。

NAPを統一する

NAPは、店舗の「名前/住所/電話番号」のことです。メディアやSNSに店舗情報を載せるときは、大文字小文字などの表記まで正確に一致させましょう。

NAPが統一されていない例
公式サイト:〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-12-1 佐伯池袋ビル2階
ポータルサイト:〒171-0022 東京都豊島区南池袋2丁目2-12-1 佐伯池袋ビル2F

まとめ

スマホ時代の集客に欠かせない、ローカルSEOについて解説しました。GoogleマイビジネスやWebサイトの対策など大変と感じるかもしれませんが、サービスの魅力を伝えるために、できることからコツコツ始めましょう。

何から始めていいかわからない、効果がわからないなどのときは、Web集客専門家への相談で劇的に改善する場合もあります。ライバル店より一歩進んだ集客で、ぜひ新規顧客の獲得につなげてみてください。